2019.8.28

日本初!シタテル、繊維専門商社ヤギと、 海外アパレルの国内生産受発注サービスをリリース〜第一弾 岡山デニムの技術を世界へ〜

 衣服生産プラットフォームを提供するシタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)は、繊維専門商社の株式会社ヤギ(本社:大阪市中央区、代表取締役:八木隆夫、以下ヤギ)とともに、海外アパレルブランド向けに、日本国内へ衣服生産をオンラインで受発注できるサービスをリリースいたしました。


■困難だった、日本の衣服生産技術海外展開に挑む 

 これまで国内縫製産業は高い技術力と品質を持ちながらも言語や商習慣の違いにより海外展開が進んでいませんでした。また海外アパレルブランドが、日本生産拠点を探す場合も、探す時間がかかる、代理店経由でコストがかさむなどの障壁がありました。

 

ヤギは、米国Los Angelesにある縫製工場SOCAL GARMENT に2013年に出資し海外進出を果たしています。米国における、日本の衣服生産技術や高品質な生地への高いニーズを受け、日本の衣服生産の活性化を実現すべく、オンラインによる受発注システムの検討を進めていました。

 今回の連携では、オンラインで生産者とブランドをつなぐビジネススキームとシステムを提供しているシタテルが国内生産と管理を担当。そしてヤギがアメリカの拠点におけるマーケティング、オンライン上でOEMの相談、顧客対応、カスタマイズ発注できるシステムを運用することで、海外ブランドがオンラインで国内生産者に小ロットからのOEMの発注が可能となりました。

 

■日本初!「MADE IN JAPAN」生産をスムーズに海外へ

 シタテルのシステムと「YAGI SOURCE ENGINE」の連携による、日本初の、国内生産者と海外アパレルをつなぐスムーズな受発注サービスです。近年のアパレル業界では、中国やベトナムなどで安く大量生産を行うのが一般的でした。本サービスを利用いただくことで「MADE IN JAPAN」という高付加価値を求める海外ブランドが、日本の衣服生産技術や高品質な生地に50着程度の小ロットからアクセスできます。

 

■第一弾は、岡山デニムをアメリカのアパレル展示会MAGICで展開

 第一弾では、海外で評価が高い岡山県のデニムと加工技術を提供します。先日アメリカで開催されたアパレル展示会のMAGICでベータローンチを行ったところ、日本のジーンズ加工技術の高さに足を止める人が多く、また、「小ロットで生産できオンラインで相談できるのは便利」と評価されました。今後、テストマーケティングとして200社のユーザー登録を目指し、将来的には月20件の受注を想定しています。

 

 

※先日アメリカにて行われたアパレル展示会MAGICの様子

 

■今回のサービスの目指すもの 

・アパレル生産における障壁を取り除き、海外アパレルブランドが簡単に日本の生産者に発注できる体制づくり
・日本の高い衣服生技術や高品質な生地の世界展開
・高い技術力を誇りながらも疲弊する国内衣服生産業界へ商機の提供

本件に関するお問い合わせ先

シタテル株式会社 広報担当 及川(オイカワ)
電話番号 03-6303-2226
メール press@sitateru.com